上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のブログで平成25年4月分の発電実績を報告しましたが、昨年から稼働している第2ビル2号機と

今年3月に増設した第1ビルはいずれもソーラーフロンティアのシステムです。

モジュールは第2ビル2号機がSFL90-C(90w)、第1ビルがSF160-S(160w)となっているほか、

設置している屋根勾配が大きく違います。

P1060126.png

手前が第1ビル(モジュール取付前)で屋根勾配は水勾配程度(たぶん2度くらい)

奥が第2ビルで3寸勾配(約17度)

で、4月の発電実績は・・・

第2ビル2号機(ソーラーフロンティア 3.24kw)    433.30kwh (公称値1kwあたり  133.73kwh)

第1ビル(ソーラーフロンティア 8.96kw)       976.50kwh (公称値1kwあたり  108.98kwh)

第2ビル2号機を100とすると、第1ビルは81.5%程度になります。

屋根勾配の違いで結構差が出るものです。

また、写真でおわかりの通り、第1ビルには南面を除きパラペットがあるため、朝夕の太陽高度が

低い時間帯は影ができてしまいます。発電量の差はそれも影響しているものと思われます。




Secret

TrackBackURL
→http://plussp.blog.fc2.com/tb.php/80-2c907cf6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。