上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010年、2011年と2年連続で太陽光発電モジュール出荷量世界一の中国 サンテック社の転換社債(株式に転換する権利が付いた社債)がデフォルト(債務不履行)したとのニュースがありました。
サンテックは日本でも国内最長の出力保証25年保証を付けているメーカーですね。


以下 ロイター通信より

 中国の太陽光パネルメーカー大手、サンテック・パワー・ホールディングス(尚徳太陽能電力)<STP.N>は、今月15日に償還日を迎えた転換社債(5億4100万ドル)が債務不履行(デフォルト)に陥ったことを明らかにした。

これに伴い、世銀グループの国際金融公社(IFC)<IFK.UL>や、国内金融機関から受けた融資にもクロスデフォルトが発生した。

サンテックの社債を保有するトロンヘイム・キャピタル・パートナーズは先週、ロイターに対し、デフォルトが発生した場合は訴訟を起こす意向を示している。

事情に詳しい複数の関係筋が先週ロイターに明らかにしたところによると、サンテックが本拠を置く江蘇省無錫市の政府は同社との交渉に入っており、救済に乗り出す可能性がある。

サンテックは、現時点で債券保有者による訴訟手続きは把握しておらず、金融機関や潜在的な投資家と今後の戦略を協議しているとした。

同社の債務総額は昨年3月時点で22億ドル。中国国家開発銀行<CHDB.UL>やIFCから借り入れがある。


     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://plussp.blog.fc2.com/tb.php/71-b16f1e27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。