上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 またまた日経新聞からの記事です。新聞に太陽光関係の記事が載らない日はないので、自前のネタが不足しているときには助かります(汗)。
 兵庫県ではダムの斜面を利用したメガソーラーを計画中とのこと。建物の屋根を利用せず、野立てでやろうとすると、傾斜架台の材料費と設置費用にコストがかかり、計画が頓挫する事が多いです。特に、岩手のような寒冷地だと冬期間に地面が凍結するため、他の地域に比べてしっかりした基礎工事が必要になり、さらにコストアップになります。
 なので、もともと傾斜が付いていて設置のしやすいダムや河川の堤防などを利用するのは非常に合理的ですね。

96958A9C93819890E3E6E2E09D8DE3E6E3E0E0E2E3E09E9693E2E2E2-DSXDZO4959253015122012LDD000-PN1-2.jpg
兵庫県は県管理のダムを活用した大規模太陽光発電(メガソーラー)事業を始める。神谷ダム(姫路市)と権現ダム(加古川市)の南向き堤防の斜面にパネルを設ける計画で、2014年夏までの稼働を目指す。ダムの堤防を使うメガソーラーは全国でも例がないとしている。

 南に向いた神谷ダム堤防ののり面にソーラーパネルを敷き詰める。
 出力は神谷が3000キロワット、権現が1700キロワット。事業費はそれぞれ約12億円、約7億円を見込む。全量を関西電力に売電する。来年4月に事業者を公募し、夏に事業者を決めて秋以降に着工予定だ。

 2カ所のダムとも岩石や土砂で堤防を築くロックフィル方式で、傾斜が約25度とコンクリートダムより緩やかでパネルが設置しやすい。堤防の安全性にも問題はないという。平地よりもパネルを多く設置できる点でも効率がいいと判断した。

 このほか土を盛って堤防をつくる方式の平荘ダム(加古川市)も安全性などを調査中で、3月までに可否を判断する。設置可能なら発電出力を1200キロワット上積みできるという。

     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村


Secret

TrackBackURL
→http://plussp.blog.fc2.com/tb.php/45-65fd17fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。