上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 発電所増設ネタはしばらくぶりですが、ポシャった訳ではなくまだ継続中です(汗)。

先日、販売店の方が屋根の調査に来たので写真を撮ってもらいました。

    左=自宅       中央=第1ビル         右=第2ビル
P1050855.png

写真左の自宅の屋根は北向きのため、システムを取り付ける事ができず、写真中央の第1ビルの屋根に設置したシステムから自宅の電力契約へ連係する予定です。
敷地と建物が同一名義であるため、このようなことができます。

 アップで見るとこんな感じ。
P1050857.png

 屋根の上はこんな感じです。
CIMG0377.png

 北及び東西の3方はパラペットが立ち上がっているので、東西の両脇からはかなり離してモジュールを設置しないと、太陽高度が低い朝夕は影ができてしまいそうです。
 できれば雪下ろし用の通路を2列ごとに設けてもらいたいと思っていましたがスペース的に可能なんだろうか?

 販売店さんに聞いたところ、折板屋根の場合は屋根の山谷に合わせて金具を設置してモジュールを取り付けていくので、やってみないとわからないとのこと。
 なるほどね。

CIMG0374.png

 屋根の傾斜は1寸勾配(10:1)と思っておりましたが、なんだかもっと緩いような・・・
建築図面を引っ張り出して見たら10:0.14と書いてありました。いわゆる「水勾配」ですね(汗)。

 写真奥の第2ビル(3寸勾配)と比べると、かなりの緩傾斜です。

 積雪期の発電は見込めませんが、傾斜架台を取り付けるとなるとかなりのコスト増となり、その分を発電量アップでは回収できないと判断しあきらめました。
 
冬場は雪下ろしのために何度か屋根に上らなければならなくなりそうです(泣)。
ただし、パネル設置により、2階の断熱効果は夏冬ともにかなりありそうですね。


     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://plussp.blog.fc2.com/tb.php/37-7106682e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。