上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厳しかった残暑もようやくおさまり、日中もだいぶ過ごしやすくなってきましたが、

ブログをごらんの皆様はいかがお過ごしでしょうか。

以前、サニックスvsソーラーフロンティア 瞬間発電量の比較 をアップしましたが、

その第2回戦、先ほど(9月29日 11:20頃)の状況をアップします。

          左 1号機(サニックス)         右 2号機(ソーラーフロンティア)



1号機が6.0kw、2号機が3.8kwと表示されています。

公称出力と比較してみると、下記のようになります。

1号機(サニックス)         6.0kw / 6.75kw = 88.9%
2号機(ソーラーフロンティア)   3.8kw / 3.24kw = 117.3%

このようにメーカーや機種によってモジュールの実発電量にかなり違いが出てきます。

よって、検討しているメーカーのモジュールは公称出力の90%程度が実力なのか、

公称出力を20%近くもオーバーするような発電能力があるのか、見極めながら

パワコンの容量とのバランスを考慮して導入しないと、モジュールの能力を

生かしきれなかったり、逆に容量の大きすぎるパワコンを付けてしまって無駄になってしまう

可能性があります。

 例えば、ソーラーフロンティアではパワコンの種類を2.7kw、4.0kw、5.5kwの3種類用意して

いますが、4.OKWのモジュールに対してギリギリの4.0kwのパワコンを設置した場合、公称出力の

120%=4.8kw発電したとしても、パワコンの容量以上はカットされて可能性があります。

 「可能性」と言ったのは、パワコンの容量についてもメーカーによって10%前後の余裕が

ありますから、「このメーカーのパワコンならこれくらいの容量オーバー大丈夫」といった

設計者の経験と勘によるところも実際あるのです。効率の良いシステムを構築するためには、

パワコンとモジュールの実性能を把握し、両者のバランスが取れた設計が必要です。

 今後、導入を検討している方は、そういう説明もわかりやすくしてくれ販売店さんを

選びましょう。


     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村





Secret

TrackBackURL
→http://plussp.blog.fc2.com/tb.php/22-d941c109
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。