上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらためまして、当発電所の設備をお知らせしておくと・・・

①プラス第2ビル1号機(サニックス・6.75kw・3寸勾配)・・・以下SN

②プラス第2ビル2号機(ソーラーフロンティア・3.24kw・3寸勾配)・・・SF

③プラス第1ビル(ソーラーフロンティア・8.96kw・勾配なし)・・・SF2

つまり、SNとSFは同一屋根に乗っているので同条件。

SFとSF2は同一機種ですが屋根勾配が違います。

SNとSFを設置したのが一昨年の4月、SF2を設置したのが、昨年の3月でしたので、この三つが揃ってからやっと一年経ちました。

そこで今回は一年間の発電実績を表とグラフにして見ました。

まず、1KWあたりの発電量。

新しいビットマップ イメージ (2)

グラフにするとこんな感じ。

新しいビットマップ イメージ (3)

そして、SFを100とした場合のSNとSF2の指数がこちら。

新しいビットマップ イメージ (4)

新しいビットマップ イメージ (5)

SFとSF2のデータで、屋根勾配(3寸勾配と勾配なし)の影響をみてみると、太陽高度が高い季節は10%程度の差ですが、高度が低くなるにつれて影響が大きくなり、積雪期(12月~2月)は顕著に現れます。
年平均だと70%程度に落ちることがわかりました。

     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。