上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬至を過ぎ、これからはだんだんと日照時間が長くなっていきますが、積雪はこれからが本番ですね。
雪が降らない地方のオーナーさんがうらやましい季節です。

さて、今回は屋根勾配が発電量にどう影響するかデータを分析してみました。

当発電所はプラス第1ビル(ソーラーフロンティア 8.96kw)、ブラス第2ビル1号機(サニックス 6.75kw)、プラス第2ビル2号機(ソーラーフロンティア 3.24kw)から構成されております。

ソーラーフロンティアのモジュールは第1ビルと第2ビルの双方に設置しておりますが、第1ビルの屋根は水勾配、第2ビルの屋根は3寸勾配になっております。

手前が第1ビル(パネル設置前)、奧が第2ビル
P1060126.png

果たして、この屋根勾配の差がどれだけ発電量に影響するのか4月~11月までの8ヶ月のデータではありますが、調べて見ました。

下記の表はそれぞれの屋根に設置したシステムの一ヶ月の発電量(1kwあたり)と、それぞれを100とした場合の割合です。Aは3寸勾配の第2ビル、Bは水勾配の第1ビルです。

1.png

そして下記がグラフ化したもの。

2.png

太陽高度が高い5月~7月頃は第2ビル(3寸勾配)を100とすると、第1ビル(水勾配)では90%弱の発電量ですが、太陽高度が低くなるにつれて発電量の差が広がり、11月では70%以下になってしまいました。

これから積雪があると水勾配の第1ビルは落雪することがなく雪が乗ったままになるので、この差はさらに大きくなるでしょうね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。