上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回取り付けたパワコンはソーラーフロンティアの新型で屋外設置型です。

契約時(12月)にはまだ発売されていなかったため、旧型での契約でしたが、
テス東北さんのご厚意で急遽、新型に変更していただきました。

3ヶ月工事を待った甲斐があったかな(笑)。

品番はKP44M-J4-SS(4.4kw)とKP55M-J4-SS(5.5kw)の2台。
いずれもオムロン製です。
P1060158.png

ちなみに、第2ビル発電所2号機の(旧型?)パワコンはこちら(SPC4003)
P1040940.png

ソーラーフロンティアのホームページを見ても新型はまだ載っていないですね。
忙しくて更新しているヒマがないのでしょうか?(笑)。
屋外型と屋内型の2種類をラインナップするのかもしれません。
旧型なんて言ったら失礼ですね(汗)。

特筆すべき新機能がこちら「AICOT
P1060159.png

製造メーカーであるオムロンのホームページによると・・・「AICOTは、太陽光発電システムの多数台連系における 「単独運転防止技術」(Anti-Islanding Control Technology)を表すオムロンの技術ブランドです。」とのこと。

導入時の電力会社との連係協議や、複数台のパワコンを設置する場合の調整が簡略化される機能のようです。
太陽光発電を導入する側からすれば地味な機能かもしれませんが、販売会社さんやメーカーさん、電力会社さんの労力を考えたらノーベル賞もの(大げさか?)の機能かもしれませんね。

詳しいことはいつもお世話になっている沙良さんがブログで解説してくれるかも!?

次回はフロンティアモニターとディスプレイについてです。



     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。