上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正月二日からなんと、11日間連続で発電量ゼロだったのですが、

昨日(1/13)、やっと雪が落ちて発電が復活してくれました。

P1060028.png

正月に降った大雪の残りと、昨夜から積もった10センチ程度の積雪があったのですが、

今日は朝から比較的気温が高くなり、午前10時頃に2号機(ソーラーフロンティア)が落ち、

P1060017.png

2時間程遅れて1号機(サニックス)に積もっていた雪が自然落下しました。

P1060020.png

プラス第2ビルは落雪する側の敷地境界まで2m程余裕を見て建てたのですが、

落ちるときは勢いが付いて落ちていくため、隣地に3m程越境して落雪してしまいました。

隣の物置の屋根や駐車場まで飛んで落ちた雪が残っています。うちの土地で良かった(汗)。

P1060029.jpg

P1060030.png


P1060022.jpg

ボタボタと少しずつ落ちてくれれば問題ないのですが、落ちるときは一気に勢いよく落ちます。

パネル以外の部分(鉄板屋根)には雪が残っていますので、屋根と同じ感覚で

落雪を想定すると痛い目にあいますね。

パネルの表面はガラスなので相当滑りやすいのでしょう。

落ち始めるとスピードが付き、普通の屋根より遠くに飛んで落ちるので、それを想定した

スペースが必要になります。

今後、雪国で設置を検討する方は要注意です。



     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。