上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太陽光発電診断サイト ソーラークリニック で、平成24年11月の発電結果が発表されました。

11月は全国で2100カ所のエントリーがあり、所在を「岩手県」で抽出したのがこれ。

無題

2号機(ソーラーフロンティア)は順位を一つ下げ岩手県2/21位。1号機(サニックス)は順位を上げて14/21位でした。
サニックスの単結晶は寒くなると効率が上がるのでしょうか?

     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
12月の検針結果が届きました。
今月は11/20~12/18までの29日間で結果は下記の通り。
 
 売電量           483kwh
 売電単価           42円
 売電総額       20286円 (1日平均 700円)
 共用部分電気代  ▲3408円
 純利益         16878円 (1日平均 582円) 
 累計純利益     339613円


↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
もうすぐ冬至ですね。
冬至と言えばカボチャやゆず湯を連想する方が一般的でしょうが、ブログをご覧の方々はやはり太陽高度と昼の時間が気になるのでは無いでしょうか(笑)。
以前のブログ「太陽高度と太陽光発電」や「秋分の日と太陽光発電」では岩手県盛岡市における太陽高度と日照時間について書きましたが、冬至(今年は12月22日21日)は一年で最も太陽高度が低く昼の時間が短い日です。(厳密に言えば違いますが割愛)
太陽光発電をやっている方々からすればどん底みたいな日ですね(笑)。この日を乗り切れば太陽は高く、昼は長くなっていきます。最も、北国では冬至を過ぎてから本格的な積雪の時期を迎えるので喜んではいられませんが・・・。

※今年の冬至は12月21日ですとのコメントをいただきました。ご指摘ありがとうございます。ネットで調べると22日としているホームページもありますが、国立天文台のホームページでは21日でしたのでやはり21日が正しいようです。
 ちなみに、今年の冬至、2012年12月21日はマヤ歴の地球最後の日だそうです。先週からGPS測量の暦に不具合が生じていますがその影響かも(汗)。


     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
 またまた日経新聞からの記事です。新聞に太陽光関係の記事が載らない日はないので、自前のネタが不足しているときには助かります(汗)。
 兵庫県ではダムの斜面を利用したメガソーラーを計画中とのこと。建物の屋根を利用せず、野立てでやろうとすると、傾斜架台の材料費と設置費用にコストがかかり、計画が頓挫する事が多いです。特に、岩手のような寒冷地だと冬期間に地面が凍結するため、他の地域に比べてしっかりした基礎工事が必要になり、さらにコストアップになります。
 なので、もともと傾斜が付いていて設置のしやすいダムや河川の堤防などを利用するのは非常に合理的ですね。

96958A9C93819890E3E6E2E09D8DE3E6E3E0E0E2E3E09E9693E2E2E2-DSXDZO4959253015122012LDD000-PN1-2.jpg
兵庫県は県管理のダムを活用した大規模太陽光発電(メガソーラー)事業を始める。神谷ダム(姫路市)と権現ダム(加古川市)の南向き堤防の斜面にパネルを設ける計画で、2014年夏までの稼働を目指す。ダムの堤防を使うメガソーラーは全国でも例がないとしている。

 南に向いた神谷ダム堤防ののり面にソーラーパネルを敷き詰める。
 出力は神谷が3000キロワット、権現が1700キロワット。事業費はそれぞれ約12億円、約7億円を見込む。全量を関西電力に売電する。来年4月に事業者を公募し、夏に事業者を決めて秋以降に着工予定だ。

 2カ所のダムとも岩石や土砂で堤防を築くロックフィル方式で、傾斜が約25度とコンクリートダムより緩やかでパネルが設置しやすい。堤防の安全性にも問題はないという。平地よりもパネルを多く設置できる点でも効率がいいと判断した。

 このほか土を盛って堤防をつくる方式の平荘ダム(加古川市)も安全性などを調査中で、3月までに可否を判断する。設置可能なら発電出力を1200キロワット上積みできるという。

     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村


 今年7月から施行になった再生エネ法による全量買取制度を利用した太陽光発電所建設が年度内稼働を目指して駆け込み状態のようです。やはり来年度は固定価格が下がる見込みのようですね。
 以下、日経新聞より

 出光興産や富士電機などメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業に参入する企業が急増している。経済産業省が認定した設備は11月の1カ月間だけで90万キロワット。発電能力ベースでは原子力発電所1基分に達した。来年度は買い取り価格が下がるとの見方が強く、高値での売電を確実にしようという動きだ。

 経産省は14日、11月末までに再生可能エネルギーの発電設備として認定したのは合計364万キロワットと発表した。このうちメガソーラーなど非住宅太陽光発電は253万キロワットと約7割を占め、10月末比で90万キロワット増えた。

 再生可能エネルギーでつくった電気を割高な固定価格で全量買い取る制度が始まったのは7月。証券取引所の開示ベースでは同月以降、30社以上がメガソーラー事業参入を表明している。

 出光興産は兵庫県姫路市にある製油所跡地に発電能力1万キロワットのメガソーラーを建設。富士電機は山梨県南アルプス市の工場敷地内に2千キロワットのメガソーラーをつくる。東京都競馬は遊園地、中部日本放送はラジオ送信所の未利用地、養命酒製造は工場跡地にそれぞれ設置。「本業の環境が厳しいなか、多角化を目指す」(中部日本放送)

 今年度、太陽光でつくった電気の電力会社への売電価格は1キロワット時当たり42円で、20年間保証される。企業の参入が相次ぐのは安定収益が見込めるのに加え、メガソーラー設備の価格下落で、来年度の買い取り価格は下がる見通しだからだ。

 現行の売電価格を確定するには来年3月末までに経産省に設備認定をしてもらい、電力会社に電力網に接続するための契約を申し込む必要がある。KPMGマネジメントコンサルティング(東京・千代田)の宮坂修司パートナーは「手続きには2~3カ月かかる。今月中に事業計画を固めないと42円での売電は難しくなる」と語る。買い取り制度初年度の「プレミアム価格」を獲得しようと企業の駆け込みが続く。


     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
 プラス第2ビル発電所のある岩手県紫波町でも、先週末からの雪で今シーズン初の

本格的な積雪がありました。写真は今朝の屋根の様子です。

15センチほど積もっていて、発電量はモニタを見るまでもなくゼロです(泣)。
 
P1050861.png

 日中は雪もやんで、時折晴れ間も出ていたのでどうなったか屋根を見てみると・・・

P1050869.png

 2号機(ソーラーフロンティア)の方だけ雪が落ちていました。

 P1050870.png

 当発電所の屋根は以前の記事太陽光発電と屋根勾配でご紹介したとおり、南向きの

金属板葺き片流れ3寸勾配です。やはりもう少し勾配があった方が良いのかな?

建物の設計段階からパネルの雪を落とすように、軒下には落雪スペースが取ってあります。

仕事柄、相隣関係のトラブルはよく聞く話ですが、冬期間に隣家の屋根から越境して

落雪してくるというトラブルもよくありますので、既存の建物に太陽光パネルを

設置する場合はこんなところにも注意してください。

対処方法として、太陽光パネルの設置を屋根の上半分だけにして、下半分に落雪ストッパー

をつけて雪を止めているお宅もあります。工事業者さんともよく打ち合わせしてくださいね。



     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

 


平成24年11月の発電実績を報告します。

1号機(サニックス)        356.00kwh (公称値1kwあたり 52.74kwh)

2号機(ソーラーフロンティア)  216.00kwh (公称値1kwあたり 66.67kwh)

合計 572.00kwh という結果でした。

今回は5月から11月まで、7ヶ月間の推移をグラフにしてみました。

まだ一年経っていないので統計資料としてはあまり意味が無いですね(汗)。

おまけに5月はソーラーフロンティアの方に電圧上昇抑制が頻繁にかかっていましたので、

あまり当てにならない数字です。

上段が総発電量、下段が公称出力1KWあたりの発電量です。

新しいビットマップ イメージ


新しいビットマップ イメー2ジ
 このところ非常に多忙で、さっぱりブログの更新ができておりませんでした。
ブログ更新の頻度は訪問者数に如実に反映されるもので、8月にブログを始めてから順調に伸びてきたアクセス数も11月は始めてダウンしてしまいました(泣)。忙しいだけでなく、発電量が少ない季節になってきてテンションも下がり気味というのもありますが(汗)。

 さて、発電所増設計画シリーズも前回からだいぶ間が空いてしまいましたが案件としては進展しており、実は先日、契約も済ませました。
今度導入するシステムメーカーは・・・おもしろみは無いですが、やっぱりソーラーフロンティアになりました。
 さりげなくリンク欄に載せておきましたが、販売店のテス東北さんは第2ビルに導入した時もお世話になり、他メーカーの不具合対応や電圧上昇抑制の調整もやっていただきました。岩手県内の太陽光発電システム設置実績も豊富で、安心してお任せできる会社です。

 今回導入するシステムは・・・
・モジュール SF160-S(160W)×56
・パワコン SPC5503(5.5KW)×1
       SPC4003(4.0KW)×1
・ケーブル一式
・折板屋根用架台一式
・フロンティアディスプレイ&ホームサーバー一式
・モジュール取付工事、電気工事、足場設置費 等

 以前、ブログで検討していると報告した安価な145Wのモジュールは既に在庫がなくなってしまったそうで、今手配できるのは160Wのみだそうです。結局、160W×56枚なので8.96KWのシステムになりました。
このシステムで契約はしたのですが、モノが無いのと人手不足のため、しばらく工事には着手できないそうです(汗)。モジュールはなんとか確保できたようですが、それをつなぐケーブルが在庫切れなんだとか・・・。販売店さんからは、「なんとか今年中今年度中には・・・」と言っていただいておりますが、県と国の補助金枠の関係もあるし、本当に大丈夫なんだろうか(大汗)。


     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。