上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ここ最近、ネタ切れとともに他の仕事が忙しくてさっぱり更新できませんでした。
全国から新規の方、リピーターの方、ともに相当数訪問していただいているのに、
大変申し訳ありませんm(_ _)m

 さて、今回は太陽光パネルの温度と発電効率について書いてみたいと思います。
皆さんご存じの通り、太陽光発電用のパネルは温度が高くなると効率が落ち出力が下がるという特性があります。公称出力の計測はパネル温度(気温ではない)が25度の時に行っていますので、これより温度が高いときには出力が低下し、低きときには出力が上がるわけです。つまり同じ強さの光を同じ面積で受けた場合でも、パネルの温度によって出力が変わるわけです。CISのうたい文句に「暑さに強い」というのがありますので、本当にそうなのかデータから検証してみました。

 下記は今年8月の発電量トップテンのデータです。
公称出力は1号機(サニックス)が6.75kw、2号機(ソーラーフロンティア)が3.24kwなので、1号機を1とした場合、2号機は0.4800の比率になるはずですが、実際の発電量の比率は黄色のセルをご覧いただければわかるとおり、0.6380となっております。

新しいビットマップ イメージ

 下記は11月(24日まで)の発電量トップテンのデータです。
 発電量の比率は0.6102です。
 
新しいビットマップ イメージ (2)

 8月(0.6380)>11月(0.6102)ということは、暑い時期の方がCISに有利であったという事になりますが、数字で見ると微々たるものですね(汗)。これからもっと寒くなっていくとどう変わるのか追跡調査したいと思います。

 また、これらの結果から分析すると、サニックスが1だとするとソーラーフロンティアの実力は1.27~1.33程度、逆にソーラーフロンティアを1とすると、サニックスの実力は0.75~0.78程度というのが見えてきます。これはあくまでも公称出力との比較ですので、あとは価格の差がどれだけあるかという事ですね(汗)。


     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 太陽光発電診断サイト ソーラークリニック で、平成24年10月の発電結果が発表されました

新しいビットマップ イメージ (2)

 これまで万年2位だったプラス第2ビル発電所2号機が、念願の岩手県内第1位になりました。
 10月の岩手県内のエントリー発電所は26あり、そのうち2号機(ソーラーフロンティア)が1位、
1号機(サニックス)が22位です。万年下から2番目だった1号機もちょっと順位を上げました(汗)。
 
 全国的に見ると、エントリー発電所2152中、2号機が925位、1号機が1976位です。
いくら岩手で1位と言っても、全国的には真ん中くらいですね。全国順位の上位には九州勢が多いですね。
上位組は2号機と同じCISのようですが、1.5倍くらい発電しているようです。うらやましいですね。


    ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
11月の検針結果が届きました。
今月は10/22~11/19までの29日間で結果は下記の通り。
 
 売電量           617kwh
 売電単価           42円
 売電総額       25914円 (1日平均 893円)
 共用部分電気代  ▲3426円
 純利益         22488円 (1日平均 775円) 
 累計純利益     322735円

    ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
 発電所増設ネタはしばらくぶりですが、ポシャった訳ではなくまだ継続中です(汗)。

先日、販売店の方が屋根の調査に来たので写真を撮ってもらいました。

    左=自宅       中央=第1ビル         右=第2ビル
P1050855.png

写真左の自宅の屋根は北向きのため、システムを取り付ける事ができず、写真中央の第1ビルの屋根に設置したシステムから自宅の電力契約へ連係する予定です。
敷地と建物が同一名義であるため、このようなことができます。

 アップで見るとこんな感じ。
P1050857.png

 屋根の上はこんな感じです。
CIMG0377.png

 北及び東西の3方はパラペットが立ち上がっているので、東西の両脇からはかなり離してモジュールを設置しないと、太陽高度が低い朝夕は影ができてしまいそうです。
 できれば雪下ろし用の通路を2列ごとに設けてもらいたいと思っていましたがスペース的に可能なんだろうか?

 販売店さんに聞いたところ、折板屋根の場合は屋根の山谷に合わせて金具を設置してモジュールを取り付けていくので、やってみないとわからないとのこと。
 なるほどね。

CIMG0374.png

 屋根の傾斜は1寸勾配(10:1)と思っておりましたが、なんだかもっと緩いような・・・
建築図面を引っ張り出して見たら10:0.14と書いてありました。いわゆる「水勾配」ですね(汗)。

 写真奥の第2ビル(3寸勾配)と比べると、かなりの緩傾斜です。

 積雪期の発電は見込めませんが、傾斜架台を取り付けるとなるとかなりのコスト増となり、その分を発電量アップでは回収できないと判断しあきらめました。
 
冬場は雪下ろしのために何度か屋根に上らなければならなくなりそうです(泣)。
ただし、パネル設置により、2階の断熱効果は夏冬ともにかなりありそうですね。


     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
 4月に太陽光発電を開始してから半年以上経ちましたが、昨日、ソーラーフロンティアから

保証書が届きました。今頃来るんですね(汗)。

P1050842.png

 ソーラーフロンティアは太陽電池モジュールの保証期間が20年間、パワーコンディショナと

接続箱は10年間の保証が付いています。

 すべて10年保証というメーカーが多いので、保証内容は他メーカーより若干良いのかな?

 保証書と一緒に同封されてきたモジュール製造番号一覧にモジュールの個別性能が

書いてあります。(画像左上)
 
 それによると、公称出力は90wのモジュールですが、製造番号ごとに90.02wから94.90w

までの数値が記載されています。モジュールの成績表みたいなものなんですね。

 公称出力では90w×36枚なので、3.24kwのシステムなのですが、うちのシステムの出力合計は

3.347kwになっていました。ちょっと得したのかな?

 もし、最も成績の良い94.90wのモジュールで36枚だったとすると、3.416kwのシステムに

なっていた計算になりますね。

 ただ、数値はあくまでも工場出荷段階であり、太陽光を浴びれば性能が良くなるという

ソーラーフロンティアのモジュール達なので、半年経った今ではどんな成績を出してくれ

ているのでしょう。


     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村



平成24年10月の発電実績を報告します。

1号機(サニックス)        546.40kwh (公称値1kwあたり 80.95kwh)

2号機(ソーラーフロンティア)  352.50kwh (公称値1kwあたり108.80kwh)

合計 898.90kwh という結果でした。

Uさん宅(パナソニックHIT5.5kw)は515kwh(公称値1kwあたり93.63kwh)です。


サニックスについては、モニター交換とパワコンの交換があったため、

二日分データが取れておりません。参考程度ですね。

トータルでは9月が1038.20kwhでしたから13%程度のダウンとなりました。

最も発電量の多かった8月(1312.49kwh)から比べると、31.5%のダウンです。

今年の冬至は12月22日ですが、どんどん昼の時間が短くなってきています。

どれだけ発電量がダウンするものか、ブログのネタ的には楽しみですが、

売電が電気の基本料金より下回って赤字にならないか不安です(泣)。



     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。